毒親育ちの生きづらさを解消!ミニマリストという生き方を解説【体験談】

ミニマリスト|毒親のお悩み解決コーチング 毒親問題コラム
この記事で解決できるお悩み
・ミニマリストの価値観を知りたい
・毒親にとってのメリットを知りたい
・ミニマリストになるためにすることを知りたい


この記事で紹介する「ミニマリストになる方法」を実践すると、誰でも簡単に毒親のストレスを減らせます。

この記事では、毒親育ちが「ミニマリストになるメリット」と毒親育ちの私が「実際に手放したモノ」も紹介します。

この記事を読み終えると、今後は毒親のストレスを抱えることがなくなり、自分に合う生活を楽しめます。



ミニマリストは最小限のモノで生活するライフスタイル

ミニマリストは最小限のモノで生活するライフスタイル|毒親のお悩み解決コーチング

ミニマリストは、最小限のモノだけで暮らすライフスタイルを確立している人を指します。

言葉の由来は、「最小限の」という意味を持つ英語「ミニマル(minimal)」から生まれた「ミニマリズム(minimalism)」という考え方。ミニマリズムは1960年代以降の美術・音楽・建築で「簡素な形や反復を用いて、最小限の要素で作品を構成する手法」でしたが、2012年にアメリカの一般社会でも知られるようになり、広まりました。

日本では、2013年くらいから徐々に知られるようになりました。2015年には爆発的に知られるようになり、新語・流行語大賞にもノミネートされました。


ミニマリストの考え方は自分の幸せを求めることにある

ミニマリストの考え方は自分の幸せを求めることにある|毒親のお悩み解決コーチング

ミニマリストの考え方には、すべて根底に「自分の幸せ」があります。

具体的には下記のとおりです。


ストレス要因をすべて排除する

欲しいモノや情報を、いつでもどこでも簡単に手に入れられるようになったからです。

お金を払えば欲しいモノはいつでも買えるし、ググれば情報も浴びるように収集できます。興味がないモノ・コトでも目につきやすくなっているので、「別のモノが欲しい」「他の有益な情報はないか」などと目移りする状況が無限ループされるようになってきています。

それは便利である反面、目移りによって「今の状況はダメだ、もっと良いモノ、良い情報を」と不安をあおられることでもあります。心は満たされないどころか日々追い詰められます。先の見えない状況はこころに負担を強いるので、ストレスの種になっているのです。

ミニマリストはこのような状況を打開しようとしています。日本で以前はやった「断捨離」に近い行為です。余計なモノ・コトにお金をかけず、無駄なことに時間をかけないことで、ストレス要因を減らそうとします。


経済力だけで豊かさははかれない

収入だけで生活の良し悪しを判断できないからです。

生活のために収入は必要で、多いに越したことはありません。ですが、高収入だといって手当たり次第に買ってはムダ遣いをしているだけ。室内に不要なモノがあふれかえっていては、本末転倒と言わざるを得ません。

近年はあらゆる商品・サービスでサブスクリプション(サブスク)が導入され、「シェア(共有)」の考え方が受け入れられやすくなっています。「所有は正義」という考え方が見直され始め、物事の取捨選択によって自分に合った豊かさを作りやすい状況も生まれています。


モノを買うこと自体はダメではない

生活をする上でモノは必要になるし、そのためにはモノを買うからです。

ミニマリストは、モノの所有も購入も否定しているわけではありません。世間体や人の目を気にしたり、見栄を張ったり、「本当に必要なモノ」ではないモノを買うことを否定的にとらえています。たとえば下記のとおり。


  • モノを買うために給料の高い職業に就く
  • 自慢するためにブランド品を買いそろえる
  • 周りの人に褒められたくて、豪華な家に住む


ミニマリストは、生活を豊かにするためにモノを買います。価格、ブランド、新品、最先端だけにとらわれず、自分の生活に合う必要なモノだけを買っています。


モノを減らす・捨てることが目的ではない

とりあえずモノを減らせばいい、ということではないからです。

ミニマリストを名乗るのに、所持品(モノ)の量は関係ありません。モノの量にこだわりすぎると、必要なモノまで捨てて、生活に支障をきたしかねません。今の生活スタイルを振り返って、必要なモノを見極めてください。

ただし、自分のモノ以外を捨てるのはNG。家族や同居人のモノを無断で捨てるのはもってのほかです。親しい関係だからこそ、節度とマナーを大切にしてくださいね。


必要最低限のモノの数に個人差がある

ミニマリストによって、生活スタイルは千差万別だからです。

生活スタイルは仕事、家族構成、住まいのエリア、価値観、性格、性別など、あらゆる要素が絡み合って決められます。ミニマリストと聞くと、モノを極限まで減らして修行僧のような生活をしているイメージが根強く残っていますが、そのような人ばかりではありません。

たとえば、ピアニストであれば自宅にピアノが置かれていることもあるし、自宅でコーヒーを飲む時間が好きであればコーヒーメーカーを持っていることもあります。好きなことに取り組みやすい環境づくりをしています。


ミニマリストになると心のゆとりが持ちやすい

ミニマリストになると心のゆとりが持ちやすい|毒親のお悩み解決コーチング

毒親育ちがミニマリストになるメリットは、心のゆとりが持ちやすくなることです。

具体的には下記のとおりです。


毒親育ちがミニマリストになるメリット

  • 自分の時間が増える
  • ストレスが軽くなる
  • 思考が整理される
  • 生活にお金がかからない
  • 大切なヒト・モノ・コトを大切にできる
  • 自分の人生を楽歩みやすくなる


自分の時間を増える

毒親育ちは、自分のためだけに使える時間が少ないからです。

周りの顔色や世間体を気にしすぎて、毒親育ちは自分のやりたいように行動したり自由に過ごしたりする経験が少ないです。「じゃない親」に育てられた子供が経験したことを経験してないことも。自力で経験を積むために、時間はいくらあっても足りません。

ミニマリストになると、家事でも習慣でも「やらなくていいこと」「やめていいこと」が増えます。これまでと同じようにやることがあっても時短になり、自分のために時間を使えるようになります。


ストレスが軽くなる

家は心身をリラックスさせる場所だからです。

床にモノが散乱していると、視覚からの情報が多くなり、部屋の居心地が悪くなります。必要なモノがなかなか見つからず、探す時間が長くなるほどストレスが溜まります。

毒親によってストレスが溜まっているのに、それ以外のストレスを抱えると心が疲弊します。これから毒親から距離を置こうとしている人にとっても、毒親から距離を置いて自分の人生を歩んでいる人にとっても、リラックスできる環境は大切です。


思考が整理される

雑念を取り除き、自分が向き合いたいことにだけエネルギーを注げるからです。

部屋が雑然としていると、視界からの情報が多くなります。目につくものすべてが気になるので、「汚れてる」「片付けなきゃ」などの考えにとらわれて、本当に向き合いたいことはおざなりになります。

毒親育ちが優先して考えるべきことは「毒親との関係」です。毒親と距離を置くか、絶縁に近い状況にするかです。まずはあなたの負担を減らし、自由な人生を歩む方法を考えることに全エネルギーを注いでください。


生活にお金がかからない

本当に必要なモノやコトだけにお金を使うようになるからです。

これは、ケチになったわけでも、節約しまくったわけでもありません。必要なモノで満たされているため、これまでよりも買う機会が減っただけです。

所持品に限ったことではなく、人づきあいも変わります。毒親育ちの周りには自分にとって「毒(有害)」な人も一定数います。そういった人との関係も少しずつ手放すことになります。

特に、毒親、きょうだい、親せきとの付き合いは顕著です。彼らは毒親を毒親とは認めません。むしろ、毒親と考えているあなたを「異端」と見なして攻撃してきます。あなたがどんなに努力しても分かり合えることはなく、気まずさや心身の疲弊から距離を置かざるを得なくなります。

家族や親せきを頼れなくなるぶん経済的な自立が必要ですが、ストレスは減ります。自分をいたわる時間も作れるので、毒親の呪縛からも昇華しやすくなります。


大切なヒト・モノ・コトを大切にできる

行動範囲や選択がシンプルになり、自分が大切にしたいヒト・モノ・コトに気づけるからです。

毒親の影響で人の目や世間体を気にしすぎて、毒親育ちは毒親や他人の判断や選択に振り回されています。自分にとって大切なことを後回しにして、エネルギーを他人にばかり注いでいて、空っぽな気持ちになることも。

今の人間関係や生活スタイルを手放すのは勇気がいることですが、大切なのはあなた自身です。自分にとって大切だと思うものだけに、無理のない範囲でエネルギーを注げます。


自分の人生を歩みやすくなる

自分の人生において、余計なヒト・モノ・コトを取り除くことができるからです。

毒親やその影響を受けた価値観や言動を手放すことで、まっさらな自分を取り戻せます。自分が生活をするうえで大切な人、必要なモノやコトのみに集中できるので、取捨選択もしやすくなります。

その過程では価値観の再構築をするために、自分を見つめ直す時間が必要です。価値観マップを使って見える化(視覚化)してみてくださいね。


毒親育ちがミニマリストになるための5ステップ

毒親育ちがミニマリストになるための5ステップ|毒親のお悩み解決コーチング

毒親育ちがミニマリストになる方法は下記のとおりです。


毒親育ちがミニマリストになる方法

  • 自分の価値観を知る
  • 毒になる人との関係を手放す
  • 不要なモノを手放す
  • モノの置き場所を決める
  • 衝動買いを控える


これだけだとわかりにくいので、詳しく紹介します。


自分の価値観を知る

あなたの判断力を養うためです。

毒親に否定され続けた影響で、毒親育ちは自分で物事を判断することが苦手です。しかし、ミニマリストになるためにはある程度の「取捨選択」が求められ、その指標になるものが価値観になります。

価値観はあなたが「良し」としていることだけでなく、それとは正反対の「悪し」も挙げられます。それぞれのモノ・コト・ヒトを挙げておくと、あなたにとっての「必要」と「不要」も判断しやすくなるのです。

あなたの価値観を知るためには、価値観マップの作成が効果的です。詳しくは、下記の記事を参考にしてください。


価値観マップ|毒親のお悩み解決コーチング

価値観マップとは?毒親育ちの生き方を変える!活用方法を解説

>>価値観マップの作り方・活用方法を解説


毒になる人との人間関係を手放す

毒親育ちは、一方的に搾取される人間関係を築きやすいからです。

本来、人間関係は相手も自分も対等な立場で、互いにとってウィンウィンの関係を築くことに意義があります。しかし、毒親育ちは毒親との主従関係や勝ち負けのある関係に慣れすぎて、毒親と似た性格・言動の持ち主と人間関係を築きやすいのです。

たとえば、「あなたのため」と言って何に対してもダメ出しを繰り返したり、「〇〇しなさいよ」とあれこれと指図してきたりする人。激怒した後に優しくなるモラハラ気質の人もいます。

生きていくうえで、誰かとのかかわりは不可欠です。ですが、あなたにとって「毒(有害)」と感じるのであれば、相手が誰であっても人間関係を築く必要はありません。

人間関係を変えることは、仕事やプライベートにも影響をおよぼします。一気に変えようとするとリスクに感じたり不安を覚えたりします。人間関係を手放すにしても、すでにかかわりの薄い人から始めると手放しやすいです。


不要なモノを手放す

今の生活では、モノを持ちすぎているからです。

断捨離は、新しいモノを断ち、すでに不要なモノを捨て、モノへの執着から離れることを目的としています。しばらくは買い控えて、部屋にあるモノと向き合う時間を作ります。

何を断捨離するかは、生活スタイルや価値観で決めるもの。目に見えるモノだけでなく、デジタルデータや習慣のような目に見えないことにも幅を広げて見直してください。

「いつか使える」「もったいない」と感情的になると、手放したくても手放せないことがあります。手放すことに慣れていないうちは、価値観マップの「良し」「悪し」に基づいて機械的に手放すのもアリです。


モノの置き場所を決める

部屋全体が整って、快適に過ごせるからです。

部屋の片付けが苦手な方が直面するのが、「どこに何があるのかわからない問題」。わざわざモノを移動させたり、モノを探しても見つからないから買って解決したりするものです。

モノの使う場所はある程度決められているので、モノが減ると適材適所に置きやすくなります。置いた場所かその周辺でしか使わなくなるので、探す手間が省けます。

モノを使うために、何かを移動させるなどの手順が増えると面倒と感じ、部屋が雑然とする一因になります。取り出すだけ、しまうだけといったシンプルな動きで対応できるように収納しましょう。


衝動買いを控える

衝動買いは不要なモノ候補を増やすだけだからです。

ミニマリストは、必要な分、使う分だけを買い足して使い切ることを基本としています。衝動買いをすることがあっても、あらかじめ用途を決めて買っています。

部屋にあるモノを把握しておくと、何を買えばいいのか明確になって買いすぎを予防できます。すでに持っているモノで満たされているので、衝動買いをしそうになっても理性でコントロールできるようになります。


毒親育ちほどモノ・コトをとことん手放すが吉(体験談)

毒親育ちほどモノ・コトをとことん手放すが吉

ミニマリストになると自分に合った生き方ができるようになるので、毒親育ちにはおすすめの方法です。とことん手放すと、モノを減らすだけでなく、毒親の影響を減らす必要があります。

毒親育ちの私がミニマリストになるために手放したモノ・コトは下記のとおりです。


毒親に関する手放したモノ・コト

  • 毒親の連絡先
  • 毒親、きょうだい、親せきとの連絡(LINE、メール)
  • 実家への帰省
  • 毒親に押し付けられた価値観
  • 毒親との思い出を思い出させるモノ
  • 人の目や世間体を気にして買ったモノ


ミニマリストになるために手放したモノやコト

  • 明らかなゴミ
  • 不要なメールアドレス、スマホアプリ、電話番号の削除
  • 賞味期限や消費期限が過ぎている食材
  • サイズアウト、色褪せやほつれがあり傷んでいる洋服
  • 場所を取る本やCD
  • 複数持っている文房具
  • 「いつか使うかも」と保管しているモノ
  • 使い勝手の悪いモノ
  • 使用しない、もしくは故障している家電
  • 使用しない家具や収納ケース


不要なモノ・コトを手放していく過程で、毒親とのかかわりを考える場面に直面します。毒親の「毒(有害)」レベルによっては、フラッシュバックが来て、手放すことが辛く感じられる可能性があります。無理に進めようとせず、あなたのペースで進めてくださいね。


毒親育ちがミニマリストになった効果は大きすぎた(体験談)

毒親育ちがミニマリストになった効果は大きすぎた|毒親のお悩み解決コーチング

ミニマリストになると生活スタイルが大きく変わります。効果が絶大といっても過言ではありません。

その中で、特に毒親育ちの私がミニマリストになって効果を感じたのは下記のとおりです。


毒親育ちがミニマリストになった効果

  • 居心地のいい人間関係が築ける
  • 自分がやりたいことを実行しやすくなる
  • 色々な視点で物事を見られる
  • 性格が穏やかになる


居心地のいい人間関係を築ける

自分の身の回りに、毒親や毒親と似た人がいなくなるからです。

毒親の影響で、私は誰にでも「いいひと」と思われたいと思っていました。意地悪をされても「嫌だ」とは言えず、やりたくないことをやれと言われても反論せず、自己主張が苦手でした。周りの人の輪から外れたり嫌われたりするのが怖くて、合わせることもありました。

しかし、一緒にいたくない相手とのかかわりがなくなって、人間関係のストレスがなくなりました。距離を置く過程で相手からの嫌がらせに耐えた時期もありましたが、その時期を過ぎると、いつもと変わらない日常が戻ってきました。

嫌だと感じる人間関係を手放したあとには、かならず新しい出会いがあります。私は同時期に行動に起こしやすくなっていたのもあり、軽い気持ちで参加したイベントで素の自分を肯定してくれる人に出会い、心が救われました。

毒親育ちに限ったことではありませんが、万人から好かれることはありません。自分から距離を置くのは勇気がいりますが、実際に距離を置いて大きな変化はありません。価値観や相性が違ったと、割り切りやすくなります。


自分がやりたいことを実行しやすくなる

自分の行動や価値観を否定する人がいなくなり、決断するスピードが速くなるからです。

持ち物を把握できるので、部屋で過ごすにしても外出する準備をするにしてもスムーズです。深く考えたり決断したりせずにすむので、そのエネルギーを自分が大切にしたいことだけに注げます。

これまで以上に自分の行動に責任を持つことになりますが、自分の意思でやりたいことをできるのは幸せです。人間関係の再構築もすませていたら、あなたのやりたいことを肯定的に受け止め、後押しもしてくれます。

新たな人間関係では、「自分の親が毒親」という人も一定数います。毒親と絶縁したことを肯定的に受け止めてくれる人も思ったより多く、世の中捨てたもんじゃないと心が洗われました。


色々な視点で物事を見られる

毒親の影響が解毒されてきたからです。

毒親は、私がやることなすことすべてが気に食わずに批判してきたので、私には被害者意識が根強く残っていました。この意識が薄まるまで時間はかかりましたが、少なくとも自分の立場と相手の立場、その他の立場と、立場の違いによって複数の考え方が存在すると理解できるようになりました。

「なんだ、そんなこと」と軽視されるかもしれません。しかし、毒親に「お前はこういう人間だ」と幼いころから意識づけされてしまうと、毒親育ちは毒親から言われた通りに思い込みます。そこから脱するにはキッカケが不可欠で、キッカケがなければかんたんには脱出できることではありません。


性格が穏やかになる

つねに戦闘態勢でいる必要がなくなったからです。

私には、毒親に手を差し伸べられたり、相談に乗ってもらったりした経験がありません。助けてほしいときは「自分でどうにかしなさい」とはねのけられ、相談しようとすると「私(毒親)の知ったこっちゃない」と逆ギレされました。この経験が影響して、何か問題が起きても自力で解決できるようにはなった一方で、仕事でもプライベートでも、いつも何かに立ち向かっている状況が続きました。

毒親に対する警戒心から、毒親に対しても周りの人に対しても疑心暗鬼で、攻撃的な姿勢だったように感じます。ちょっとしたアドバイスでさえも「批判されている」と認識し、殺気立っていて、何かに追われているような感覚さえありました。

ミニマリストになってからは、人間関係をふくめ、問題がほとんど起こらなくなりました。問題が起こったとしても想定の範囲内で冷静に対処できるようになり、アドバイスはアドバイスとして受け入れられるようにもなりました。


まとめ:ストレス原因を断ち切って身軽になろう!

ストレス原因を断ち切って身軽になろう!|毒親のお悩み解決コーチング

上記で紹介した「ミニマリストになる方法」を実践すると、今後は思考が整理されて毒親のストレスを減らせるし、生活がシンプルになって生きやすくなります。

最後にもう一度内容を確認してみましょう。毒親育ちがミニマリストになる方法は下記のとおりです。


毒親育ちがミニマリストになる方法

  • 自分の価値観を知る
  • 毒になる人との人間関係を不要なモノ・コトを手放す
  • モノの置き場所を決める
  • 衝動買いをひかえる


最初は、どれも生活に必要だと思い込んで手放すまでに時間がかかるかもしれませんが、何度もこの記事を読んで手放してください。

手放すことになれてしまえば、生活スタイルがシンプルになり、部屋でリラックスできるようになるし、毒親をはじめあらゆるストレスから解放されます。悩みごとも減るので、生きづらさが解消されます。

あなたの人生はあなたのものです。毒親に悩まされる人生は終わりにしましょう。

ちょっとした毒親・アダルトチルドレン・人間関係の疑問も受け付けています!
▶ LINEでお悩み相談はこちら
毒親のお悩み解決コーチング|佐藤みなと